夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

2016年10月13日

足摺海底館と見残し岩

足摺海底館は中四国唯一の大規模海中展望塔で、黒潮が流れる海底を見学出来るのです。


足摺宇和海国立公園内に位置し、四国有数の透視度を誇る海域に建つ高さ24Mの巨大な塔が足摺海底館です。


塔の内部には海上展望室と、海面下7Mの海底に集う製帯魚や四季折々の魚群を見学できる海中展望室があります。
また海底館の周りには、造礁サンゴが根付き、魚たちも安心しているのか、たくさん住みついています。


その海底館へ行く途中に見残し岩があります。
この名前は、空海さんが訪れることがかなわなかった岩の一群ということらしく、荒波にもまれた数々の奇岩があります。


見残し奇岩パークは、海水などで偶然できたとは思えない見事な造形の光景ばかりでした。
自然の力には本当に驚かされますが、空海こと弘法大師が訪れることが叶わなかったということから来ているのですが、果たしてそうなのかどうかは不明です。


空海さんは四国中を歩いているので、案外としっかり見てらっしゃったかもしれません・・?


P1000416-2.jpg
posted by yasuucare at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。