夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

2014年11月21日

四国霊場開創1200年記念大法要

四国霊場開創1200年記念大法要は、総本山善通寺で5月9日に営まれました。
その式次第は以下の通りでした。


四国八十八ヶ所霊場のご開創1200年を記念いたしまして、総本山善通寺に於いて大法要を厳修いたしました。


法要は、『お大師さまと歩む四国遍路』事業を通じて1年間に亘りご同行くだされた木像御本尊のお大師さまをお迎えし、盛大な法要を営みます。
どうか100年に一度のご良縁を結んでいただきたく!

●日付 : 平成26年5月9日(金)午前10時〜正午
●会場 : 四国霊場第75番札所 『総本山善通寺』
●日程 : 午前10時〜御影堂にて「記念大法要」、午前11時〜金堂前にて「柴燈護摩」


法要は、お大師様を偲び、その修行と教えに思いを馳せ、今の世に生きている幸せを噛みしめるものでした。


2014年05月10日

四国八十八か所霊場1200年

四国八十八カ所霊場の開創1200年記念の大法要が、空海の生誕地にある75番札所、総本山善通寺で行われました。


この法要には弘法大師の像を背負った歩き遍路一行200人も到着し参加したのです。
歩き遍路とは1400kmを1年余りかけて歩いたお遍路さんで、常に弘法大師と歩いているという同行二人という言葉があります。


背中に背負った高さ30cmの仏像を交代で背負いながらの遍路で、中々出来るものではありません。
弘法大師の考えや夢が蘇ってきたことではなかろうかと思います・・。


四国八十八か所を歩いて回るなんて、出来そうで出来るものではないのです。
それが信心の差なのかでしょうか・・。

ブレスレット お遍路 数珠 「四国八十八箇所 お遍路巡礼ブレス+お守りストラップ」

ブレスレット お遍路 数珠 「四国八十八箇所 お遍路巡礼ブレス+お守りストラップ」

2013年12月07日

四国八十八ヶ所開創1200年

四国八十八ヶ所開創1200年に当たるのが来年だと言われます。
弘法大師にゆかりの八十八ヶ所の霊場が開かれたのが815年のことです。


四国八十八ヶ所の霊場は、多くの巡礼者によって受け継がれています。
その巡礼の思いは人により様々かもしれませんが、満願を願い霊場を訪れることは大きな励みになり癒しでもあります。


あの四国八十八か所をズート歩くこと自体が、大きな目的と意志を持っていなければできないことだと思うのですが、現実的には何よりの運動になるはずです。
普段ならとても登らないような階段を上り下りしたり山道を歩き続けるのですから・・。


来年の開創1200年には、各地の札所で特別開帳や記念行事が行われる予定です。
そして、すべての札所で開創1200年記念の品が登場し、納経帳には通常の朱印に加えてもう1種類の記念印が押印できます。


この特別の機会に、四国八十八ヶ所巡りを始める人や再挑戦する人などが多く増えることでしょう。
ゆっくりと四国をめぐること自体が恵まれているかもしれませんが、体力気力ともに充実している時に空海さんのことや自分の過去未来を思いながら歩くのがなによりです。


数珠袋のことなら


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。