夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

2014年11月21日

四国八十八カ所 世界遺産

四国八十八カ所世界遺産に登録する試みがなされています。


四国遍路は、徳島県・高知県・愛媛県・香川県の4県からなる四国を全周して、空海ゆかりの八十八か所の札所霊場を巡る全長1,400kmに及ぶ壮大な寺院巡拝です。


四国八十八カ所の遍路の基となる「思想・信仰」と実践する「場」、それを支える「地域」の3者一体となったものが四国遍路文化であり、遍路の主体が僧侶等から一般民衆へと広がり、それは千年を超えて継承されてきた貴重な文化でもあります。


四国遍路は、現在、歩き遍路の他、様々な交通機関を利用して年間15万人もの人々が宗教や宗派を超え、それぞれの思いを込めて巡拝する生きた文化遺産だと思います。


この四国八十八カ所への巡礼に関する霊場や遍路道、道標等を含め貴重な文化遺産を世界遺産として登録すべく準備が進められているのです。


hennro2.jpg


posted by yasuucare at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八カ所 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。