夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

2016年01月03日

同行二人

同行二人について、目からウロコのような解説が「寺院仏閣・霊場札所の参拝作法」にありました。


「同行二人は、どうぎょうににんと読みます。観音霊場なら観音さまと 、四国88ヶ所霊場なら御大師さまと共に歩む修行の世界に足を踏み入れたわけです。


功徳を積めば積むほどあなたにも功徳があるという現世利益の霊験を信じ、愚痴妄語を慎み、欲望を制御し、煩悩を消滅させる修行の旅です。


日頃からの善行を観音さまや御大師さまにご報告するとともに、悟りへの知 恵を授けていただく。そんな巡拝でありたいものです。


普段の悪行を報告し、許しを乞うて巡るような巡拝では、仏様に無視されてしまいますよ。同行二人の修行の旅はお寺に行く前にすでに始まっています。」

nininn2.jpg

なるほどと思いましたが、私のような凡人には許しを乞うて巡るという感じの方が納得しやすいのです


仏様に無視されては困りますが、阿弥陀様はそんなことには拘らず、誰でも南無阿弥陀仏を唱えればお救い下さるはずだと都合よく解釈しています。


お大師様の修行の後を共に巡る同行二人だからこそ、救いを求めたいのです。
そんな風に考えても罰は当たらないでしょう・・・?
ラベル:同行二人
【関連する記事】
posted by yasuucare at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 同行二人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

年明けうどん

年明けうどんを広めようとの動きがあります。


白い麺に赤い具をのせて紅白にしたうどんを年始に食べる「年明けうどん」を広めようと、ご当地うどんを集めた「全国年明けうどん大会2015inさぬき」が12月12、13日、高松市のサンメッセ香川でありました。
17道府県と台湾から25のブースが並び、来場者が41種のうどんを食べ比べたのです。


年明けうどんとは、年越し蕎麦にちなんだものでしょうが、うどん県の香川では大きな宣伝材料になります。


四国八十八ヶ所の巡礼の旅でも必ずうどんを食べることになるでしょう
香川のうどん、つまりさぬきうどんはとても有名ですが讃岐に限らず四国では多くの地方で美味しいうどんにありつけます。


麺のコシの強さがいいのですが、ダシも捨てたものじゃない。


うどんの食べ比べは四国八十八ヶ所の巡礼の旅の大きな楽しみでもあります



ラベル:年明けうどん
posted by yasuucare at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心と体の突っ張り棒

突っ張り棒に思いが巡ってくるのは年末の大掃除の時なんかが多いものです。
1年の汚れやすすを払っていると家具と家の壁や天井との隙間が目立つのです。


万が一の地震の時には、テレビやタンスなど重い家具は凶器になるといいます。
まあ、手で受け止めればいいや!ぐらいに考えているのですが、果たして大丈夫なのでしょうか?


寝ていてはとても咄嗟に対応できません。
また、加速度が付けば100Kgを超える重さにも豹変してしまいます。


地震保険へ加入する人が増えているとか聞きますが、壊れたり怪我をしてからのことですね。
壊れる前、怪我をする前に準備をするものは、やはり突っ張り棒かもしれません!!


ところで、家の耐震に関しては突っ張り棒が役に立ちますが、心の耐震に関してはどうでしょう


心が折れそうになったとき、気持ちが乱れた時に支えてくれるのは画とした信念です。
それは、考え方や信仰などに基づくものでしょう。


四国八十八ヶ所のお遍路を回りながら、そんな信念を身に付けるとか、そんなことに思いを馳せてみるのも同業二人の功徳かもしれません。


一度は四国八十八ヶ所のお遍路に足を伸ばしたいものです。







posted by yasuucare at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八ヶ所 地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

逆打ちのお遍路

逆打ちのお遍路は功徳が3倍になるとも言われる特別な巡礼です。


悪行の許しを請うために弘法大師を追って巡礼を重ねていた河野衛門三郎が、逆回りをすることで申年の閏年にようやく弘法大師と巡り会えたとか。


時計回りの順うちと反時計回りの逆うちでどのような違いがあるのかわかりませんが、来年は申年です。


弘法大師のいわれにちなんで逆打ちに挑戦する巡礼者も多いことでしょう。


四国八十八ヶ所の巡礼は、ともかく歩いて回ることで心も休まり反省することや思いを巡らすことも多くなって人生の岐路となるかもしれません。


気楽に出かけてみようではありませんか!


zyunnrei1.jpg










posted by yasuucare at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お遍路さん 逆打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

真言宗とお大師堂

真言宗は空海さんが開祖で、お大師堂は付き物ですね。


四国八十八か所は、空海さんと同行二人の旅ですから当然お大師堂にもお参りします。
ただ、八十八か所のお寺は全てが真言宗ではないようです。


これは、元真言宗であっても浄土思想などの影響で浄土宗へ改宗という例が見られるからです。
ただ、四国八十八か所の場合は参拝するお遍路さんが多くのご利益を運んでくれるので、お寺としても大師堂がある方が都合がいいようです。


お寺やお宮が幼稚園や保育園を営んだり駐車場経営をするのと同じ理屈でしょう。
霞を食べては生きていけないという事でしょうね・・・。





ラベル:大師堂 真言宗
posted by yasuucare at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国八十八カ所 お遍路の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。